自販機飲料で使用するお金が1年間で15万4千円!!

以前の私

自動販売機で飲料を購入する時値段を気にしていますか?

当たり前ですよね。

以前の私は喉が渇いたらとりあえず近くにある自動販売機でそこに飲みたい飲み物があればすぐに購入してしまっていた。

すぐ隣に安く販売している販売機がある場合を除き、15メートルくらい離れていたら確認もせず缶コーヒーを130円で売っている販売機で「まぁ、30円くらいだから・・・」と思いその場で購入してしまっていた(今考えるともったいない)。

なぜだろう?

夏のある日、「財布からお金が無くなるのが早いな?別に高いもの買った覚えがないのに・・・?」なんでだろう、昼飯だっていつもコンビニで買ったパン2個位しか食べてないしなぁ~?よく良く考えてみた・・・おおっ!犯人はこいつだ・・・一本100円ちょっとの缶飲料!

私は屋外で働く配送の仕事をしていたため、夏場には自動販売機でかなりの飲料を購入していた、その日何を飲んだか思い出してみた・・・コーラ、缶コーヒー、紅茶・・・思い出してみると10本、金額にして約1400円位、夏場仕事がある日はそれが毎日のことなので単純計算で 1400円×20日=28000円 おおっ!なんてこったい!平日の自動販売機で購入する飲料で一か月で28000円だよ!財布から現金が無くなるわけだな、因みに1年間だといくらになるのだろう?夏ほどでないにしても春でも秋でも冬でも外で働いている限りは購入するからな・・・計算してみよう・・・

大体思い出してみると、冬は3本、春と秋は4~5本かな。

①7月と8月は1日10本

②6月と9月は1日5本位

③3月、4月、5月、10月は1日平均4本

④11月~2月は1日平均3本

(私の購入は大体これ位だと思う)。

これを基にひと月の出勤日を20日として、缶飲料、ペットボトル飲料を自動販売機で購入した時の平均の金額140円として計算してみると、

①20日×2ヶ月×10本×140円=56000円

②20日×2ヶ月×5本×140円=28000円

③20日×4ヶ月×4本×140円=44800円

④20日×3ヶ月×3本×140円=25200円

合計 154000円

なっなんと!単純計算ではあるが1年間に仕事中に自動販売機で購入する飲料(その時は近所にすぐに行けるコンビニがなかったので飲料は自販機で購入するのみであった)だけで15400円も使用しているではないか!これは私の年収の何パーセントに値するのであろうか?、しかし水分補給は仕方ない、そこから色々考えるようになった。

それからしたこと

それからは、自宅から2Ⅼの水筒に冷たいお茶を入れて持参するようになり、それだけでは飽きてしまうので他には1日、1本の購入で済ませるようにした、しかも意識して1本100円の販売機で購入するようにしたので、単純計算にしても、

(100円×1本+水筒内の飲料130円)×20日(月平均出勤日)×12ヶ月=55200円

それでも年間55200円は使用してしまうのだが、年間で約10万円の支出削減となった、10年

続ければ100万円となる、かなりの金額だ。

こんなのはあまり無いけどあればこういうのをを購入してます。

家族にも意識させた

私の家族も以前は意識していなかったが、年間いくらになるか具体的に数字をしめしたら、安い自販機で購入するようになった、家計から支出されるお金が概算で年間40000円位更に減ったと思う。

このように1個の単価はそんなに高くなくても毎日の積み重ねで気付かないうちにかなりお金を使用しているものがあるので意識しましょう。

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク