持病持ちの住宅ローンが借り換え。

ういえば・・・

近年住宅ローンの金利がかなり下がりましたね。

今時10数年前に借りた固定金利のローンが半分以上残っているのに借り換え、若しくはそのシミュレーションをした事が無い人はいないですよね。

私も4~5年前に金利が1.5%位になった頃「うちはたしか金利2.4%で借りていたな・・・そろそろ考えなければ・・・」とちょっと焦りを感じた。

ただ、私には持病があり、現在の家を購入する時も住宅金融公庫で借りましたが、その際「団体信用生命保険の加入が必要」と言われ「告知を偽らなければ多分そんなの入れてくれないよ」と住宅の販売会社に伝えたところ、保証人が2人必要と言われ「簡単に頼める人はいない」とさらに伝えたところ、「じゃあ、保証人協会に頼みましょう」と言われるがままに、たしか10万円位支払いお願いした経緯もあり、借り換えの手続きもどれだけ面倒があるのかと考えたら重い腰がなかなか上がらなかった。

ローンの償還表を見てびっくり!

それでもやはり気になり2.4%の金利だと今の金利と比べてみてどれだけ変るのだろうかと思い住宅ローンの償還表をまず確認してみてびっくり!なっなんと金利は2.4%ではなく4%ではないか!月々の返済の半分以上が利息として消えている!月々12万円位払っているのに、元本が5万ちょっとしか減ってない、なんだこれは!!!

よくよく思い出してみると、そうえば2.4%は初めの10年で、その後金利が上がるような事を言っていたようないなかったような・・・(多分言われたのだと思うけど)

俺、何やっちゃってるんだろう、とても焦りを感じてその場で即PCを立ち上げ!固定金利か変動金利か悩んだ挙句、ネットで検索して評判の良かった新生銀行で当初15年固定その後変動金利でシミュレーションをしたところ、借り換え経費を含めても総支払額で600万円ほど安くなる算出であった。

すぐに新生銀行に電話をしてすぐにでも話がしたかったが、本日は無理との事で、5日後くらいの私の休み(確か土曜日だったと思う、土曜日も住宅ローンの相談はやっていた)に予約をとりその当日相談に行った(その5日間は長かったなぁ~)。

2枚の画像の左から月々の返済額、そのうちの利息分、元本分借り入れ残高である。

13万近く払っても5万位しか借り入れ元本が減ってない(途中から金額が上がったところが利率4%になったところ)

やっぱりだめか・・・

新生銀行で償還表を見せたり年収、現在までの返済の状況(遅れなど無かったか)他の借金の状況の確認などあり「まあ、大丈夫でしょう」ということでその場で申込書等の書類の記入を始めた、順番に記入していると・・・やはり来たか、あの書類、「団体信用生命保険申込書」これだよな、これが問題なんだよな・・・そう思いながら正直に告知書に記入しその日は家に帰った。

それから数日後待ちに待った結果の通知書が届いた、封を開ける前に「やけに薄いな」いやな予感がした、封を開けるとA4の用紙が1まい入っていて 「今回は誠に申し訳ございませんが・・・」やはり思ったとおり持病が原因で団体信用生命保険が受けてもらえず融資は出来ない旨が記載されていた。

どうしよう・・・

借り換えが諦められない私は他の銀行も調べてみたが、やはりどこも団体信用生命保険の加入は必須であった。

仕方がない、「ダメもとで他を申し込んでみよう」とにかく早く借り換えがしたい私は同時に他の銀行3行申し込み(結構面倒くさかったけど)1行で不合格が出たときに「これは告知違反しなければダメかな、でも、嘘かほんとかわからないけど、そういう情報は保険会社同士のネットワークで通じてると聞いたことがあるから、嘘書いたらどうせばれるかな」など思い、「どうしよう・・・」と思った、その時何気なくフラット35のページを読んでいると、やはりいろいろ条件はあるが「えっ!団信は必須じゃない・・・保証人も不要!」 おおっ!希望が見えた!

私はフラット35が住宅金融公庫の後身である住宅金融支援機構のものであることから住宅金融公庫からの借り換えなどできないだろうと思い込んでいたことと、仮に借り換えは可能でも団信保険若しくは保証人が何人か必要だろうと思い込んでいたためによく調べていなかった。

フラット35・・・

すぐにフラット35をネットでしらべると、同じ条件でも取り扱いの銀行によって金利に違いがあるのがわかった。

私はその時点での金利と事務手数料を合わせて一番条件が良さそうであった楽天銀行を選び返済のシミュレーションをかけた・・・総支払額が現在より700万円以上の削減すぐにネットから申し込みをし、審査があり(一応、団信加入の推奨ということで申し込み書類が来ていたが、出さなかったけどクリアー出来た)通ったににはほっとした、その後楽天銀行からの指示通りに手続きをし(借り換え前の銀行と登記所に1回ずつ行かなければならなかったが、後はメールと郵送のやり取りのみ)無事借り換えができました。

金利が高い時期に住宅ローンを組んで持病により借り換えが出来てなく、フラット35を検討した事が無い方は1度検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク