無駄に捨ててしまう冷蔵庫の中身

無駄に捨ててしまうもの

冷蔵庫の中に入れたまま食べること無く賞味期限が切れたり、古くなったりして食べる事無く捨ててしまう食べ物はありませんか?

我が家も以前は買ったのを忘れてたまま古くなってしまい、ごみ袋を覗くとよく食べきっていない惣菜が捨ててあり、時には全く食べずに捨ててしまうものも目にすることがあった。

そうなる前に私が食べてしまうと、「食べるつもりでおいてあるのに勝手に食べてしまって困る!」家族から文句が出る、惣菜以外の物でも果物や野菜など冷蔵庫の奥や、野菜室の下に埋もれてしまい気が付くと腐っていたり、しぼんでいたり、変色したりして食べられずにすててしまう、冷凍庫の中にも冷凍焼けしてしまった肉や魚などが底の方に埋まっていた。

捨ててしまう物の金額

ある時捨ててしまった(無駄にしてしまったもの)が大体1ヶ月で金額でどれくらいになるかおおよそであるが計算してみた。

全て確認できたわけではないが約10000円であった(私が確認出来なかったものもあるので実際もっと多いだろう)年間120000円、10年だと1200000円となり、我が家の住宅ローンの1年分に相当する。

かなり勿体ない、妻と話し合い買い溜めをして無駄を出さないように言ったが、「こっちも毎日仕事に行っており、買い物も毎日など行けないし、いろいろ買って置かないと大変なんだよ!」とちょっと切れ気味、こちらは食事の支度をしてもらっている立場でもあるし、妻の言い分ももっともなところはあるので何も言えなかった。

無駄に捨ててしまうことになる原因

では、どうしてそうなるのかもう1度よく考えた。

①妻の身長が低いため上段に入れてしまったものを忘れてしまうと存在を忘れてしまったとき目に入らなくなり奥に行ってしまい使用しない(食べない)。

②物を買いすぎて冷蔵庫の中がいっぱいで何があるか私も把握できず、数日食べずにダメにしてしまう。

③買い物に行った時値引きの商品があると「あしたこれ食べよう」とつい私が買ってしまい、妻が次の日も買い物に行くと別の物を買い私の買ったものを食べる事のないまま数日経過して捨てることになる。

以上が主な原因である。

無駄をなくすための対策

それから我が家では以下のようにして無駄を出さないようにした。

①妻以外は独断で惣菜や生ものはたとえ半額値引きでも買わない(買いすぎて結局食べないことの防止)。

②冷蔵庫の中身リストの作成(冷蔵庫の扉に磁石で貼り付ける)。

記入項目は、品名、購入日、賞味期限、期限間近、開封、済の6項目。

買って来た食料品、調味料等を冷蔵庫に入れる際は該当項目を記入してから入れる。

品名、購入日、賞味期限はその通り記入、開封したら開封にチェック、食べ終わったり使用済になったら済にチェック、賞味期限間近でまだ残っているものが無いか日々リストを確認し、あればチェックをいれ優先的に使用するようにする(献立等はそれに合わせる)。

これはかなり効果的である。

こちらのリスト記入を始めてから冷蔵庫の中身を無駄に捨てることが無くなり、2重買い(家にあるのを忘れてまた買ってしまう)もなくなり無駄な出費も減った。

まあ、初めは面倒くさいが、慣れればなんとか・・・。

冷蔵庫の中の物を無駄に捨ててしまうことがある方は、中身リストの運用を試してはいかがでしょうか?

このような表を張っておく、すぐに使ったり、食べたりしないものはリストに記入してひと目でわかるようにして捨てる事が無いようにしている。

冷蔵庫の中にまだあるのに同じものを無駄に買うこともなくなった。

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク