不正の代償

友人の様子がおかしい

私の古くからの友人で月に1度二人で飲みに行く男がいる(安い居酒屋ですが)。

先日も連絡を取り、「今度はいつにしようか?」と私が相手の都合を尋ねたところ。

「ちょっと今月は・・・」めずらしいな、いつも土日なら時間があり、大体いつでもいいという返事がくるのに、「じゃあ来月にしよう、いつなら大丈夫?」私が尋ねると、「いや、しばらく飲みに行けないと思う・・・」と。

なんだか様子がおかしい、体の調子でも悪いのか?大病でも患ったか?もしかしたらガン?

私が 尋ねたところどうやらそうではないらしい、『俺、前回あった時何か気に障ることでもしたっけなぁ?思い当たることないしなぁ?』そう考えながらいろいろ尋ねていくとちょっといろいろあってお金もないとの事、ちょっと心配なので私の奢り(いつもは割り勘)という事でちょっと強引に付き合わせることにした。

衝撃の言葉

約束の日になり、その友人と飲む時にいく居酒屋で先に待っていると約束の時間から10分程遅れて友人がやってきた、何故か顔色がさえない、飲みながら世間話などして過ごし、暫くたった頃友人の口から「・・・実は会社を辞めた・・・」と一言,この歳になって何で?しかも友人はそこそこ有名の企業に勤めていて、そこそこの高給取りであった。

起業でもするつもりでもあるのかと思い尋ねると「じつはクビになった」と衝撃の言葉が。

不正の手口

友人はある現場の責任者をしておりその現場の作業人員のを派遣会社から補充する権限とその管理を任されていた。

そこでその現場に人員を派遣している派遣会社に自分の身内を登録、全く働いて無いにも関わらず働いていることにして身内名義で派遣会社から給料を詐取していた架空労働である。

労働実績の承認をするのがその友人で会ったため5年間ばれる事無く合計で800万円程の金額だったとの事。

特に尋ねたわけでもなかったが、何故か友人は私に全てを打ち明けた。

私としてみれば、全くそんな事をするような男には見えなかったしとても驚いた、笑えもしないしかける言葉もなくその後は気まずいまま時間が過ぎた。

不正の代償

懲戒解雇はもちろんの事ではあるが、返金しなければ告発され詐欺事件となり逮捕されることとなるため詐取したお金は返金、また定年まであと10年勤めれば2000万円ほど出るはずだった退職金もパー、月80万円ほどあった収入も現在勤めているところでは20万円程になってしまうとの事(私としては懲戒解雇になった50男がすぐに他で仕事ができたことがまだ救いだとは思ったが)毎日発覚をおそれドキドキしながら過ごし、結局は何も得られず失った信用、これから得られたであろう数千万円のお金もなくなってしまった(私も今後の付き合いは考えてしまう)。

自業自得ではあるが、本当に馬鹿な事をしたものだ(まだ学生の子供もいるのに)、これで彼が得たものはこの日私の奢りの飲み代数千円のみ・・・不正の代償は多きい、やるものじゃない、もし魔が差しそうな方がいらしゃったら思いとどまった方がよいです。

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク